ウレタン素材の洗えるマスクの洗い方を解説!洗剤や回数は?

洗って再利用できるウレタンマスクとは?

日本ではマスク不足に悩まされており、洗えるマスクの登場は非常に画期的なものとなりました、そのため、従来から営業をしている会社の場合には安全対策を充実させることが必要です。

ウレタンマスクとはポリウレタン素材で作られているマスクのことで、非常に伸縮性が良く顔にぴったりとフィットするのが特徴です。しかし通気性は非常に良く、見た目の割には息苦しさを感じないと言うメリットもあります。

ポリウレタンの特徴

素材としてはスポンジ形状の物、水着の素材や、軍手、コーキング剤など伸縮性と耐久性に富むため様々な場面で目にする素材です。

繰り返し洗って使えることから、マスク素材としても見直されています

もともと高い密着性から、花粉の予防に作られたものとなっています。

通常のマスクに比べぴったりとフィットしているので花粉が入り込みにくいと言う特徴があり、近年非常に普及してきました。

何よりも通常のマスクに対して優れているのは洗えると言うことです。

一般的に使用されているマスクは不織布と言うもので作られており、濡れてしまうと非常に破れやすくなってしまうと言う性質があります。

洗濯をするとその強度が著しく落ちてしまうと言う問題があるのですが、ポリウレタンの場合は非常に伸縮性が優れており、水洗いをしても大きな品質の劣化がないため、洗えるマスクとして評価が高いのです。

色は黒やグレーなどが主流であるため、これまでマスクは白と言う印象を持っている人にとっては違和感を感じる面がありますが、伸縮性のある素材であるため通常のマスクよりもかけ心地が良いと言う声もあり、またコストパフォーマンスも優れていると評価され広く用いられるようになっているのが実態です。

ウレタンマスクの洗い方と洗剤の選び方

基本的に紹介されている洗い方は、中性洗剤で優しく洗って陰干しするという方法です。

ポリウレタンは通常の布と異なり、1カ所に強い力が加わるとそこから破れてしまうことが多いので、十分に注意をしなければなりません。

通常の布の場合には洗濯洗剤で洗うことも可能ですし、場合によっては洗濯機にかけることも可能となっていますが、洗えるバスクの場合には強い力が加わると破れてしまうために、その力を加えないような優しい洗い方が適しています。

しかし、汚れがひどい場合などはその汚れに応じた洗浄剤を使用すると効果的に汚れを落とすことができる可能性が高まります。基本的には軽い力での揉み洗いが必要で、手洗いで選択をすることが重要なポイントです。

また洗う理由は汚れが気になる他に汗や臭いが気になると言うことも多いので、マスクに染み込んだそれらの汚れやニオイを取り去ることが大切です。

そのため軽くもみ洗いをした後は両手で押し挟むようにして水気を取った後、細かなところはタオルで拭き取ることも大切になります。その後洗濯バサミを使わずに干すことが必要で、この際にも直射日光の当たらない場所が適しています。

洗剤は中性洗剤を選ぶことが基本です。汚れが気にならない場合には通常のぬるま湯だけで洗うのも1つの方法です。

洗濯機で洗いたい場合は洗濯ネットは必需品

ウレタンマスクは強い力に弱いため、基本的には洗濯機は使わないほうが無難ですが、忙しい時などは洗濯機を使いたい場合があります。この際には、洗濯ネットを利用することが必須となっています。

洗濯機の側面にぶつかったり、他のものと絡んでしまった場合には簡単に破れてしまうことになるので注意をしなければなりません。また強い力が主流などで加わらないようにするためにも、洗濯ネットは必需品となっています。洗えるマスクとは言え、その洗い方には十分に注意をすることが大切です。

ウレタンマスクは何回まで洗って使えるの?

これがもしくは洗えるマスクとして販売されていますが、半永久的に洗って使用できるわけではありません。

一般的には4、5回洗うと花粉などをブロックする力が弱くなると言われているため、最悪でもこの回数に留めておくことが必要となります。

ポリウレタンは強く揉んだり引っ張ることで変形したり亀裂が入りやすく、洗う際にも乱雑に扱わない様に注意しなければいけません。何度も使って表面に細かなヒビが出てきたら交換必須です。

紙に比べて水に強いため、様々なトラブルを発生させそうな印象もありますが、基本的には様々な試験を繰り返したり、また実際に患者に対して試験的に利用をしてもらうことで、非常に効果的に利用することができるものとなっているのが特徴です。

一度ものを乾かしても品質が劣化することが避けられません。洗えるマスクの効果は長い年月とともに徐々に認められてきたものと考えられます。