N95マスクと不織布マスクの違いは何?効果や値段を比較

N95マスクとは、米国労働安全衛生研究所のN95規格で認可されたマスクのことをいいます。このN95規格とは、フィルターで最も捕集しにくい、0.3μmの粒子を95%以上捕集できなければ認められないという厳しい規格です。

そもそも製造現場等で、粒子状の物質を吸入しないために使用されていたマスクです。結核やSARSの感染防止に効果があったことから、最近世間を騒がせている新型コロナウイルスに対して医療従事者の間で積極的に使用されているものです。

N95マスクの効果やメーカー、価格など

アメリカでは呼吸器感染防護器具としてN95マスクが認められていますので、各国でも医療従事者への感染予防のためにこのマスクの装着を推奨しています。

しかし現実にN95マスクは、様々なところから販売されています。以前はドラッグストアやコンビニなどで購入できましたが、最近では品薄となり主にネット通販で購入可能です。

価格は様々ですので、自分で説明をよく読み、セットされている枚数と値段をよく見て購入することがポイントとなります。また在庫のあるものでないとすぐに購入できませんので、在庫状況も照らし合わせて購入するものを決めることが必要です。

100枚くらいのセットのものは、かなりの価格になりますので、装着具合や効果を体験してから多くの枚数を購入すると安心できます。

不織布マスクとの違いは?その効果や通販価格など

不織布とは、繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを指しています。複数の素材を簡単に組み合わせたり、大量に生産が可能ですので、安価で販売されることになります。

N95マスクと不織布マスクの違いはその辺りにあります。一般の人達が購入しやすい価格で販売されているため、今年の初め頃までは、1枚5円ほどで購入することが可能でした。

しかし最近のウイルス騒動によって、マスクの品薄が明らかになっています。不織布マスクも、ドラッグストアやコンビニエンスストアではいつも品切れ状態です。たまに見かけることがあっても、一人一袋と限定販売されています。

不織布でも微粒子を防ぐ効果は非常に高い

不織布マスクにはマスクの中にフィルターが入っているため、ガーゼマスクよりも細菌などの粒子を通しにくい効果があります。バクテリアやウイルスの飛沫や微粒子をカットするフィルターが入っていることで、ある程度の効果は期待できます。

不織布マスクの通販価格は、50枚で4~5千円くらいです。ドラッグストアなどでは、7枚で350円くらいで販売していることもありますので、まめにチェックをして、自分に合った購入をすることが必要です。

通販の場合には在庫があるものを選ぶことがポイントとなりますので、すぐに欲しい場合には種類について好みが言えない状態ですので、なるべく早めに準備しておくようにします。

N95マスクは市販もされているが一般人には不向き

N95マスクと不織布マスクの違いは、医療従事者のために推奨されているものがN95マスクですので、一般の人達には不向きな印象を与えています。

一般の人達向けのN95マスクも販売されていますが、今の時期は、医療現場で感染防護器具が不足している状態です。多くの感染者と対応をしている医療従事者には、ウイルス等を通しにくいN95マスクがいきわたることが必要になっています。

一般の人達がこのマスクを大量に購入することは避け、医療の現場で働く人達に譲る気持ちで理解しておくことが必要になります。

N95マスクと不織布マスクの違いは価格の点でも違いがあります。N95マスクは不織布タイプと比較するとかなり高くなりますので、一般の人達が毎日使用するために購入することは難しいことです。

N95マスクと不織布マスクの違いはありますが、どちらも正しい装着をしていないと、効果がないと言われています。正しく使うことで、不織布のマスクでもウイルス感染の予防に役立ちますので、無理のない購入によって自分の身を守るようにすることが必要です。

最近では、洗って繰り返し使える布マスクの存在も認識されています。N95マスクと不織布マスクの違い、布マスクの違いとそれぞれに違いはありますが、自分達に向いた購入ができて、感染予防になるマスクを持っていると安心です。