N95マスクはどこで売ってる?薬局や通販で買う前に知るべきこと

品薄状態が続くN95マスクとは?

N95マスクは主として医療用に設計された高性能のマスクです。

細菌性疾患であるSARSやMERS、新型インフルエンザや結核菌に対応できる対策指定品であり、米国の労働安全衛生研究所の企画に合格している点も特徴で、飛沫の侵入を防ぐことができるよう顔にぴったりとフィットした形となっている点が特徴です。

一般的に販売されているマスクは、自らの飛沫を外部に飛散させないことが重点に設計されていますが、その密閉度は比較的低いため、ウイルスなどの侵入を防ぐ事はできないと考えられています。

これに対してN95マスクは顔をぴったり覆うことができるため、超微細な粒子も侵入を防ぐ機能が優れているとされており、医療現場でも非常に多く使用されているものとなっているのが特徴です。

N95マスクはどこで売ってる?薬局で買えるの?

N95マスクは薬局でも購入することができ、インフルエンザの流行時には非常に有効なものと考えられてきました。そのため、一般の人でも購入をすることができるようになっています。

インフルエンザの患者を自宅で看病する時等のために、通常は家庭内でも備蓄をすることが推奨されており、そのために薬局やドラッグストアなどでも販売されてきたのが実態です。

しかし現在ではその数が不足しており、ほとんど流通していない状態となっています。また医療現場でも枯渇していることから、本来は使い捨てであるにもかかわらず、一定の条件のもとで再利用をすることが厚生労働省からも推奨されており、非常に厳しい状態となっているのが実態です。

そのため現在は薬局で購入することができず、優先して医療現場に配布されることになっているため購入をすることができません。また医療現場を優先させるために万が一購入をすることが可能であっても、できる限り行わないようにすることが大切です、

N95マスクはどこで売ってるかはほとんど公開されておらず、また現在ではほとんど流通もしていません。一般の人は布マスク等で対応し、N95マスクがどこで売ってるかを詮索したりなどせずにいることが重要です。

N95マスクは通販では購入可能

N95マスクは一般的なマスクと同等の取り扱いとなるため、通販でも購入することが可能です。

材質は一般のマスクと同じ不織布が中心となっており、その形状に特徴があるため安全性が高いものとされてきたことから、医療現場でも使用されてきました。医療現場の多くは通販で購入することも多く、そのためにこれまでは多くのところで販売されていたものです。

しかし現在ではどこで売ってるかと確認しなければならないほど枯渇しており、通販では在庫切れとなっています。マスク全般に言えることですが、日本で販売しているマスクのほとんどは中国で製造されており、N95マスクも例外ではありません。

現在中国はコロナウイルスが蔓延した後遺症から様々な物品の輸出を行っておらず、日本もこれらを購入することができないのが実態です。

長時間の着用は困難?不織布や布マスクとの併用を

N95マスクは長時間の着用をする事はその品質を劣化させるとともに、呼吸がスムーズにできない危険な状態を生み出してしまうため推奨できないものとなっています。そのため日常の生活においては不織布や布マスクとの併用をすることが重要であり、長時間の着用は避ける必要があります。

不織布のマスクと同様N95マスクも基本的には使い捨てのものであるため、使用しているうちにその耐久性が低下し、飛沫が入り込みやすくなる危険があります。現在では枯渇していることから厚生労働省も医療現場での5日間の再利用を推奨していますが、いちどに着用する連続時間をできるだけ短くし、安全なところに保管をすることが推奨されています。

N95マスクは形状は非常に特殊で安全なものとなっていますが、その素材は不織布マスクと耐久性が変わらないため、湿気等を帯びてしまうとその品質が著しく劣化するものとなります。不織布や布マスクとの併用を行い、長持ちさせるように効果的に利用することが必要です。