不織布マスクの【臭いの原因は2つある?】対策を新品時・着用時に分けて紹介

不織布マスクを使っているけれども、臭いが気になるという人は意外にも多く見られます。

直接鼻に接触するものですから、ニオイが気になって気分が悪くなってしまう場合もあります。

一般的によく使われる不織布のマスクの臭いの原因を探り、対策方法をまとめてみました。

新品の不織布マスクが臭い原因と対策

マスクの気になる臭いには二つのパターンがあり、その一つが新品の不織布マスクが臭うことです。

新品の不織布マスクなのに臭いがする原因としては、マスクメーカーの原料が一因となっています。

不織布マスクは様々なメーカーから販売されていますが、メーカーごとにマスクを作っている原料は異なります。

製品ごとに人によっては気にあるニオイがどうしても含まれるものもあるため、ニオイの気にならないメーカー品を覚えて使うようにします。

不織布マスクは周囲のニオイを吸着しやすいので注意!

袋を開封したマスクは周囲のニオイを吸収します。不織布の繊維や、内部に細かく編み込まれたフィルター部分がニオイのもとを吸着してしまうのです。

鞄の革のニオイや、芳香剤のニオイ、食べ物などのニオイが移りやすいので要注意。

できる限りの対策としては、保管をしておく時はなるべくニオイの元がない場所を選ぶようにします。

マスクを購入したらビニール袋からださず、なるべく空気に触れさせないようにして保管するようにしましょう。

箱や袋から出してしまったら、大きめのハンカチなどで優しく包んで保管するようにします。

場合によってはマスクスプレーを利用するのも一つの手段です。商品により抗菌作用を高めたり、花粉効果が期待できるものもあります。

着用時のマスクが臭くなる原因と対策

着用している時に不織布マスクが臭くなってしまう人もいることでしょう。その原因としては、まず雑菌臭が挙げられます。

私たちは当たり前のように呼吸をしていますが、この中には実は数多くの細菌が含まれています。

特に風邪をひいていると、ウイルスや細菌がマスクにつきやすくなってしまうことでしょう。マスクの中は湿度も温度も高い状態で、細菌やウイルスは繁殖しやすい環境です。この状態を放置すれば、嫌な臭いを作り出すもととなります。

またマスクが原因ではなく、口臭が原因となっている可能性も考えられます。たばこを吸っている人や、コーヒーをよく飲む場合には口臭がきつくなりやすいため、口臭ケアをしっかりと行う必要があります。

マスクをしている時にくしゃみや咳をすると、特に強いニオイを感じたことはないでしょうか?唾液がマスクの表面に付着して乾燥することで、固まった雑菌が臭いの原因になります。

このように着用している時にマスクが臭くなってしまう時の対策としては、臭いの付着や衛生面から考えると、外すたびに交換するのが理想的です。

一時的にはマスク用消臭スプレーを使うこともできる

場合によってはマスクスプレーを使用することも一つの手段です。マスクの消臭スプレーは薬局などでも購入することもできます。エタノールと自分の好みのアロマを使えば、スプレーを手作りすることもできます。

スプレーを使う際には、内側にスプレーするのではなく、外側に吹き付けるようにしましょう。内側に吹き付けると、唇や肌に刺激を与える可能性もあるため十分に注意しましょう。

消臭機能付き・香り付きのおすすめ使い捨てマスク

活性炭入りの消臭機能付きマスク

マスクを着用した後のにおいが気になる場合には、消臭機能付きのマスクや、香り付きのマスクを使うことも一つの手段となるでしょう。

最初からこのような機能が備わっているものを着用すれば、自分で臭い対策を行う必要がありません。このような機能付きのものは一般的な不織布マスクと比べた場合には、やや値段は高くなってしまいます。

しかし、ニオイの悩みがなくなり、快適にマスクをつけたまま過ごせることを考えれば、コストパフォーマンスには優れているといえるでしょう。活性炭が入っているものや、ミントのにおいがするものなどさまざまで、自分の好みに合わせて試してみるのが一番です。

香り付きのおすすめ使い捨てマスクの一つに挙げられるものが、ユニチャームの超快適マスク小さめサイズ、アロマハッピーローズです。コンビニでも販売されているものですが、ハッピーローズとクリアグレープフルーツの2種類の香り展開です。

内部にはカプセルが含まれていて、使う前にこのカプセルを軽く叩いたり潰すことによって、香りのカプセルできます。叩き方で香りの強さを調整することができます。普通サイズにはミントがあり、これは鼻詰まりがつらくリフレッシュしたい時や、仕事に集中したい時などにもおすすめとされています。