二重取りも可能?マツモトキヨシのポイントの効率的な貯め方と使い方

マツモトキヨシのポイントカードは、マツモトキヨシの店舗やオンラインストアで利用すると100円ごとに1ポイントが貯まる仕組みとなっています。

購入金額が1月で10,000円以上になると、ポイントが2倍となるスペシャルステージに移行することになります。年間100,000円以上の利用でも翌年の3月31日までポイントが2倍になる仕組みとなっているのが特徴です。

還元率がアップ?マツキヨポイントの基本情報とポイントステージについて

ポイント還元は買い物するほど多くなる仕組みも知っておくべきです。

ロイヤルステージと言うものがあり、この場合には月の購入金額が20,000円以上になると翌月の1ヵ月間はポイントが3倍となります。

また1年間の金額が200,000以上になると、翌年1年間はポイントが3倍となる仕組みとなっているのが特徴で、購入をするほどステージが上がりポイントが貯めやすくなる仕組みとなっています。

ステージが上がるタイミングが「毎月の購入金額」と「毎年の購入金額」の2段階に分かれているため、より多くの人にチャンスがあると言う点が大きな特徴です。

ただし、年間の場合には4月から翌年3月末日が一区切りとなっている点は注意をしなければなりません。

この2つのステージを効果的に利用することにより、さらにポイントが貯めやすくなることになります。

dポイントとマツキヨポイントを二重取りする方法

マツモトキヨシで使えるのはマツモトキヨシのカードだけではありません。dポイントカードを提示することにより、dポイントを貯めることもできるのが特徴です。

通常ではどちらかしか使えないと言うことが多いのですが、マツモトキヨシの場合にはこれらの両方を提示することで、どちらにも100円あたり1ポイントが付与される点がメリットとなっています。

すなわちこれらを二重取りするためには特殊なテクニックは必要なく、単純に会計時に2枚を提示すれば良いと言う非常に簡単なものでこれだけで両方を二重取りすることができることになります。

マツモトキヨシはこの両方を持つことを推奨しており、単純に同時に提示をするだけで両方にポイントを貯める仕組みを持っており、またどちらも店舗で利用することができるので非常にお得です。

MEMO
二重取りする方法は単純に両方のカードを持っていれば良いと言うことになります。

ここで注意しなければいけないのは、2つのカードを1つにしたものが存在しているのではないと言うことです。最近では2つのサービスを1つに集約したものを発行して言うことも多いのですが、マツモトキヨシは別々に2枚を使うことができる点が特徴となっています。

ネット通販と店舗どちらもOK!マツキヨポイントの使い方

マツモトキヨシのポイントカードで貯めたポイントは、店舗で利用することが可能なほか、ネット通販でも利用することができます。

店舗の場合には会計時にポイント支払いを指定すると、希望のポイント数を利用することができ、また1部をポイントで支払うことができるため非常に便利となっています。そのため様々な利用方法ができ非常にお得となっているのが特徴です。

さらにマツモトキヨシではインターネット通販を行っていますが、この通販でも利用することができるのが特徴となっています。一般的にこれらのポイントカードは、実店舗では使うことができても通販では利用することができなかったり、またその計算方法も異なっている場合が多いのですが、マツモトキヨシの場合にはどちらで購入しても貯めることができるほか、どのように使うことが出来るのもメリットです。

マツキヨポイントは非常に便利な仕組みとなっているため、積極的に貯めることで効果的な利用ができるものとなっているのが特徴です。dポイントはマツモトキヨシのほか、使うことができる店舗が多数存在しているため、さらに利用価値が高くなります。この2つの特徴を知って上手に貯めて使い分けることがお得に使うことができる秘訣となっています。