クーポン以外にもこんなに!イオンネットスーパーをお得に利用する方法

イオンネットスーパーで覚えておきたい技

イオンネットスーパーをお得に利用する方法として、誰でも簡単にできるのは5の付く日に配送してもらう方法です。

イオングループが行っているサービス形態の一つで、このサービスのことをお客様わくわくデーと言います。

1か月のうちに5のつく日となる、5日と15日そして25日の時に買い物をするとポイント還元が2倍になるという仕組みです。

イオングループ系列の企業で買い物することに適応されるものであり、もちろんイオンネットスーパーであっても対象になっています。

MEMO
ただしイオンネットスーパーを介してお客様わくわくデーを利用するためには、事前にイオングループの会員となって発行されるイオンカードを持っておく必要があるのです。

イオンカードを発行するためには実店舗にサービスカウンターが至る所にあるので契約するか、現在ではインターネットからも申し込みが可能なので個人情報を記録して送信すると無料で会員登録が可能になります。

LINEショッピング経由で0.5%還元

LINEはショートメッセージの送信をすることで即時連絡が取りあえる言わずと知れたSNSサービス。その利便性から日本でもサービス展開をすることで、数十万人の利用者数を誇る一大企業となっています。

そんな事業が安定したことによる業績が向上によって広範囲にサービス展開をし、そのサービスの一環として始めたのがLINEショッピングです。これはサービスは提携している企業にアクセスして買い物をすると、双方の企業のお得な特典を受け取れるのがメリットになります。

特典を受けるためにはイオングループに会員登録をしてから、LINEショッピングに登録したことを記録するのです。情報を記録した後にイオンネットスーパーを利用すると、イオンポイントが0.5パーセント還元されるのでお得です。

さらにイオンポイントだけでなく、LINEにも独自のポイント制度還元を行っています。そのポイント還元でたまったポイントは、別のサービスにも利用することが可能です。

株主になりオーナーズカードを持つ

これまでのお得になる方法としてイオングループの無料会員登録をすることで得られるものですが、無料会員登録以上の特典を得る方法があります。それはイオングループの株式を入手し、一口株主によるオーナーズカードを持つことです。

オーナーズカードを持つためには、証券会社に口座登録をして商品内容にあるイオングループの株を購入します。一口株主となることで、必然的に有料会員となれるのです。有料会員登録が完了した段階で、後日自宅に専用のオーナーズカードが配布されます。

オーナーズカードを使って買い物をすると、これまでは5のつく日しか還元ポイントが得られなかったのが随時買い物で3から7パーセントのキャッシュバックを得られます。

それ以外にも買い物につかれたときには、イオンが設置している有料ラウンジを利用できたりまた映画館や銀行サービスを受ける際にも優遇措置を受けることが出来るのです。

イオン銀行で住宅ローンを借りる

イオングループはスーパーの経営のほかに、映画館や葬式事業だけでなくイオン銀行もサービスとして展開しています。

イオン銀行を利用するときに、イオンネットスーパーをお得にする方法として住宅ローンを借りるというのもやっておくとさらに良いです。

全ての人に使えるというものではありませんが、イオン銀行で住宅ローンを組むと、イオンセレクトという独自サービスに加入する形になります。

イオンセレクトサービスを受けると、オーナーズカードと同様に5のつく日という形ではなく毎日買い物をした時に5パーセント還元を受けることができます。さらに住宅ローンを支払うということは、ほぼ毎日少額ずつ買い物をしているのと同じ状況なのです。

そのため月額で決まった金額を支払うことで、ポイントがたまっていくので買い物の割引だけでなく物々交換なども可能になります。