立体型とプリーツ型のマスクってどっちを選ぶ?用途別正しい選び方

マスクの形には主に立体型とプリーツ型があります。では立体型のマスクとプリーツ型のマスクではどのような違いがあるのでしょうか。マスクの形の特徴や長所、短所を調べてみました。

しっかりと目的にあったマスクを正確に装着することが理想と言えるでしょう。

立体型マスクとは?

立体型のマスクとは立体裁断および縫製によって作られたマスクです。マスクを立体的にすることによって、顔の形によりフィットし長時間使用しても苦しくない形に進化させたものが立体マスクです。

特に口元の空間が広く作られているため、プリーツ型のマスクよりも息苦しさを感じることが少ないのです。もともとは医療従事者のために作られたマスクですので、感染予防という点でも優れたマスクと言えましょう。

立体型マスクの長所・短所

立体型マスクの長所はなんといってもズレが少なく長時間の使用に耐えられる点でしょう。

立体的に作られているため、肌とは密着しながらも口元は広く作られていることで、長時間着用しても息苦しさを感じることが少ないからです。

また化粧が落ちにくい点も立体マスクの長所でしょう。顔の輪郭にフィットするためマスクのズレが少なく、繊維がこすれにくくなっています。

使い捨ての不織布でできているプリーツ型マスクに対して、立体型のマスクはポリウレタンなどの化学繊維で作られており、何度も洗うことができるものが多い点も長所と言えるでしょう。

価格の点で言うとプリーツ型のマスクの方がコスパが良いので、高価であり日常的に使うには不向きという点が立体マスクのデメリットです。

プリーツ型マスクとは?

現在ドラッグストアなどで取り扱っている不織布のマスクはほとんどがこのプリーツ型です。

プリーツとは「折り目」のことで、折り目を開いて形を整えることで顔の形状に合わせてフィットするように作られています。

プリーツ型のマスクは低コストながら、平型のマスクをより立体型のマスクに近づけた形のマスクです。

プリーツ型マスクの長所・短所

プリーツ型マスクの長所は、プリーツを伸ばすことで鼻から顎までをしっかりサポートすることができる点です。

ウィルスは触った手で顔に触れることによって感染が広まっていきます。プリーツ型のマスクで顔の大半を覆うことによって、顔へのウィルスの感染を止めることができます。顔の露出が少ないためにウィルスに触った手を素肌に近づける機会が減るからです。

プリーツ型のマスクは平型のマスクにプリーツを入れることで、より肌に密着した形になっています。肌とマスクの密着度が高いほど、感染のリスクを減らすことができるのです。

プリーツ型のマスクの短所は、立体型よりも肌への密着度が低いためウィルスを通し易くなってしまっている点です。肌とマスクの間からウィルスが侵入してしまう点がプリーツ型のマスクの弱点と言えるでしょう。

立体型マスクとプリーツ型マスクの使い分けについて

町を歩いている人の9割以上の人はプリーツ型のマスクをしているようです。立体型よりもプリーツ型のマスクの方が普及している印象を受けます。

立体型とプリーツ型マスクにはそれぞれ長所と短所があります。どちらを選ぶかは使う人の目的によって違ってきますが、目安としては主に下記のような理由が考えられます。

  • ウィルスなどのカット力
  • つけ心地の良さ
  • 化粧が落ちにくい
  • 会話をしやすい

それぞれ自分の目的にあったマスクを選ぶことが大切です。また自分の顔によりフィットした形のマスクを選ぶこともポイントの一つです。

そしてマスク自体の性能だけでなく、自分に適した大きさのマスクを選ぶことやマスクの正しい付け方を身に付けることも必要です。

自分や家族の身を守るためには少しでも正確な情報を手に入れることが必要となってきます。

手作りマスクは立体型を模したものが多い

マスク不足が続いたこともあって、自分でマスクを手作りする人が増えています。

手作りの布マスクについては予防の効果があるかないかなどで、いろいろな意見がありますが、布製のマスクでも他人に自分の飛沫がかかることを防いでくれる役割を果たしてくれるので、決して無駄なことではないと思われます。

プリーツマスクを手作りする際にはプリーツを入れる工程が少し複雑で面倒ですが、布製のマスクは何度でも洗って使用できるので手元にいくつか持っていても良いのではないでしょうか。

立体マスクの場合も簡単に型紙が手に入りますので好みの布でマスク作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

まとめ

マスク不足につけ込んだ悪質な詐欺が横行しています。

国民生活センターによると、マスクを悪用した詐欺の手口としてはSNSなどでマスクが購入できるという書き込みをし、連絡をしてきた人を不審なサイトに誘導してクレジットカードのナンバーなどの個人情報を盗み取ると言うやり方が多いとのこと。

深刻なマスク不足はあらゆるところでトラブルの原因になっているようです。現在マスク不足を解決するために、続々と多くの業界がマスクの生産に取り組んでいます。マスクを増産することによって、少しでも早く現在のマスク事情が改善されることを期待したいと思います。