ガーゼマスクの正しい洗い方を解説!ハイターで付け置きを!

ガーゼマスクを正しく洗って使っていますか?

予防のためにそして自分が感染を広げないためにも、マスクの使用は必要不可欠になりつつあります。しかし、便利でウイルスの侵入を防ぐ効果も高い不織布のマスクは品薄状態なこともあり、注目されているのが洗って再利用できるガーゼマスクです。

ガーゼマスクのメリットは洗って再利用できること!

使い捨てマスクとは違い、一つあれば洗って何度でも使用できるため衛生面も安心です。誰しもマスクが必要な今だからこそ、優しい肌触りで使いやすく、長く使用できるガーゼマスクは欠かせない存在と言えます。

外で利用したガーゼマスクの正しい洗い方

再利用できて便利なガーゼマスクですが、正しい洗い方をしないと生地を傷めてしまったりほつれが出てしまうこともあります。その結果長く使えなくなってしまっては意味がありませんから、ちょっとしたポイントを押さえた正しい洗い方をマスターすることが大切です。

準備するものは

  • 衣料用の洗剤
  • ハイターなどの塩素系漂白剤
  • 大きめのタオル
  • 洗面器
  • ゴム手袋

です。

まず初めに衣料用洗剤を水に溶かします。

商品に表示されている使用量で標準濃度の洗剤液を作り、その中に使用済みのガーゼマスクを浸します。目安は10分程ですが、この時ゴシゴシこすったり揉み洗いしないことが重要です。

付け置きで十分に汚れは落とせますが、もし汚れが気になる場合はマスクの繊維をいためないよう軽く押し洗いするにとどめましょう。

洗面器の水は飛び散らないようそっと捨て、中も濯いでから新しく水道水をためます。その中でマスクを泳がせるように軽く揺すり、よくすすいでから水気を切りましょう。

その後水1Lに対しハイターを15mL溶かし、また10分程付け置きします。この時皮膚を傷めないようゴム手袋を使用すると安心です。

再度水を捨ててからもう一度ためすすぎをします。十分にハイターを落としきるよう、すすぎは2回行います。最後に清潔なタオルで包みこんで手で押さえ水分を吸わせて終了です。

縮んだり形が崩れるのを防ぐため、乾燥機は使用せず自然乾燥で乾かします。手でしっかり形を整えてから陰干しするのがオススメです。

洗濯機で洗う場合は洗濯ネットの利用を!

ガーゼマスクは繰り返し何度も使用したいので、できれば手洗いで行う洗い方が最適ですが、どうしても時間がとれない場合や家族分など一度に多くのマスクを洗濯したい場合などは洗濯機を利用することもできます。

洗濯機を使う場合には必ず洗濯ネットを利用しましょう。繊細なガーゼの生地が傷むのを防ぐことができますし、ほつれや絡まりなども防止できます。

特に耳にかける紐の部分は傷みやすく、ほつれたり切れたりしてしまうとマスクの役割を果たさなくなってしまうため注意が必要です。

洗濯ネットも出来るだけ目が細かいものを選び、洗濯時のマスクにかかる負荷を減らしましょう。

ネットに余分な隙間があることも生地を傷めることにつながるため、ピッタリの大きさのネットを使うことも大切です。

ガーゼマスクの効果とは?

ガーゼマスクを使用することで保湿性と吸湿性が高まり、喉の乾燥を防ぐことができます。また顔にフィットさせることでウイルスの侵入をある程度防ぐことにつながり、周囲の飛沫感染から身を守る効果があります。

咳やくしゃみによる飛沫は想像以上に遠くまで届き影響を及ぼすため、外出時や多くの人が集まる場所、不特定多数の人間が出入りする場面などでは感染を防ぐ効果が期待できます。

自分が万が一ウイルスを保有していたり、咳などの症状がある場合にも周囲へのエチケットとしての役割や、感染を広げないという意味合いでも効果的です。

不織布のマスクに比べ、付け心地がソフトで温かく、吸湿性が良いためベタ付きにくいというメリットもあります。そのため長時間使用しても不快になりにくく呼吸もしやすいため、小さなお子さんでも嫌がらずに使いやすいのも特徴です。

いずれにしても、顔の隙間を作らないようピッタリ密着させて正しく使用し、きちんと洗うことで効果を持続させ長く使い続けることができます。